ブログトップ

無線のシズルーJI1KZN

musenbiyor.exblog.jp

イマドキの無線遊びはムード?無線ぽっさ、らしさ:無線のシズルが大事 JI1KZN/ひがしやまとFT620

ケースはアルミの板を曲げて自作してみます。 1mmの厚さのアルミ板をL字型の金具をかまして万力につけ、板を押しつけて曲げて作り込ます。エッジのRも程よく収まりなんとかカタチになりそうです。
廃材をつかったので、コの字型には足りません。L字を立ててパンチングメタルで補う予定です。放熱にもよいですし。 このバラックの状態で組み、スピーカーの組み込みも含めて安定して動作するようでしたら、0.8mmのアルミで上カバーをつくります。
それにしても素っ気ない面構えです・・・・
b0163129_23584323.jpg



灼熱のシャックで作業の効率が落ちています。少し暑さに慣れてから組み込みを行います。
[PR]
# by web-mat | 2013-07-10 00:00 | 自作
構成は1-V-1で、高周波増幅が2SK241,検波が12BA7,低周波増幅がLM386と、ハイブリット仕様です。このV:真空管がポイントで、低電圧で再生具合がとても安定してよいそうです。
基板は、暑くなる前にと、夜な夜な仕上げました。後は再生コイルを巻くだけです。
本当にシンプルな回路です。
低周波増幅は、VRに基板じか付けです。
今回はトラディショナルということで?梅田製作所のデッドストックのバーニアダイアルを使います。
ツマミも70年代のユーストです。
b0163129_12444229.jpg

JA1BVAさんのコメント・・・・OM曰く「釣りはフナに始まり、フナにおわる・・・受信機はオートダインに始まり、オートダインで終わる」オートダインの、深さを表すとても端的で素敵な言葉をいただきました。
そこで、この受信機は「Funa80」と名前を付けました・・・80mを40mにクリコンでおとして、送信機「AYU40」と組み合わせて、アユ・フナラインをつくります!
アユ・フナラインの概要です!
b0163129_1901929.jpg

[PR]
# by web-mat | 2013-07-06 12:49 | 自作
数年前、JF1RNRさんに拝聴させていただいたオートダインが忘れられない・・・
いつもは、騒がしくせわしない40mが、オートダインで聴くかぎりは、とても静かで平和な世界だ。
少し高調の音色を含んだ澄んだノイズが、バンド内に水平線のごとく延びているイメージ。
年季の入ったバーニアダイアルを廻して軽く流すと、水平線に点在する山々のように信号があらわになってくる、どの山も個性的で、際立った山、連なる山々・・・各局の信号がとても個性的に聴こえる・・・QSBは優しく、QRMすら心地よい・・・
b0163129_19574518.jpg
JF1RNRさん作の40mオートダイン

こんな印象が忘れらず、いつか私もオートダインを!ー思っていた。
かつてのハムの入門受信機としての定番であるオートダインの資料は多く、このラジオがハムのトラッドであったことが改めてわかる。
単純だが、手ごわい部分も、失敗している人もおおい、それなりにスキルが必要ということかー

私は、、先の印象が強く、RNRさんオリジナルの「作りながら理解するラジオと電子回路」に掲載されている
1-V-1にとりくみことにした。
安定性の高いといわれる80mで組み、40mへクリコンで対応しようと考えている。
あゆ40と組み合わせて、スタンバイの際には、クリコンを切るなんてことがうまくいけば、これは立派な通信機型受信機となるのではないかー
b0163129_20261010.jpg

[PR]
# by web-mat | 2013-07-02 20:36 | 自作
制作は1日30分をつむぎ上げ、4か月弱で完成になりました。
どうにもモチベーションが上がらず、やっとこぎつけたという印象です。

出力は最終500mW (ドライバーはシングル仕様のまま)で落ち着きました。
受信は、課題もあるのですが、かなり個性的?な特性です。
前作の15m版とも聴こえ心地が大きく異なるし、チューニングの際のフィーリングも異なります。
リグの個性がバンドの特性でさらに助長されて、全く異なる性格になったところが面白い・・・・
40mゆえ、もっとじゃじゃ馬?になると思いきや、全体的には静かな印象です。ここがアカギスタンダードのよいところではーなんて思っております

・・・そもそも、冬の深夜に隣国めぐりーという妙な?ニッチな楽しみのためにつくりました。時間はたっぷりとありますので、自分好みに仕上げていきたいと思っています。
b0163129_9281431.jpg

とりいそぎの完成報告まで・・・・

次は3.5Mhzのオートダイン:1-V-1+7MHzクリコンにとりくみます。
[PR]
# by web-mat | 2013-06-29 09:52 | 40mCW TRX アカギスタンダード
b0163129_22355887.jpg

まさに今日はそんな日でした。
離島に移動している友人をとらえるべく、午前中はアンテナの整備。
15mのコンディションは上々・・・アカギスタンダード15をウォーミングさせながらワッチ。遠足の前の日のようなちょっと高揚感に浸りながらすごします。
ところが今日はオールアジアコンテストで、バンド内はぎっしり・・・ちょっとイラツキながらワッチすれど、どうにも友人の波をとらえることができず残念・・・
FRG-7から垂れ流しになっている7.195AMで、ブログローカル?のJA1BVAさんのテスト電波を受信。
氏は真空管式の送信機が組みあがりの第一声だったようだ・・・それはそれは、プラス変調でしっとりと美しい音色でした。

・・・というわわで今日の私は食事をして寝て無線をして、喜怒哀楽?をめぐるシンプルな1日でした。
[PR]
# by web-mat | 2013-06-15 22:45 | 無線日和