ブログトップ

無線のシズルーJI1KZN

musenbiyor.exblog.jp

イマドキの無線遊びはムード?無線ぽっさ、らしさ:無線のシズルが大事 JI1KZN/ひがしやまとFT620

カテゴリ:おかいもの( 20 )

45度下の視点でハムフェア会場をさまよっていると、段ボールの中のマイクが目に入った。
クラシックなフォルムと小ぶりなサイズ、ライトグレーが自分好みだ。無数の傷があり、カールコードはベトベトな状態。やれかたは半端ではないが、私はかねてからKWM-2Aで使う、クラシックスタイルのマイクを探していたこともあり、ワンコインで手中に・・・

会場で仕事仲間と談話中に披露すると、それは1920年からのアメリカの老舗マイクブランドのシェアーのもと知ることに。さらにロゴなどから、クラシック・シュアーと言われるものでおそらく1960-70年代のものと推察でき、思わぬ珍品のゲットに高揚してしまった。

b0163129_1863748.jpg
分解して、ユニットが活きていることを確認。溶解した?カールlコードは潔く破棄して、マイク外装を数週間かけてテレビをみながら?磨きに磨いた・・・
60年代のアメリカのプラスチック製品は、たとえばクルマのノブだったり、家電のつまみ、コダックのカメラ・・・硬質な中に人の肌を吸いつけるような独特の暖かい質感がある。
このシェアーを磨くと、わずかにこうした質感が感じられ、それは磨きが進むとさらに確かな質感として蘇ってきて、私はその質感の虜?になってしまった。

私がフェアで手にいれたのは、コリンズのPL-68マイクジャック、アルプスのエアバリコン、バニアーダイアルなどなど・・・古い部品にとどまるが、それのどれもが磨きこむことで、独特の質感が高まる。
フェアから数週間・・・私はこうした手入れが愉悦になっている。

マイクのカーバーの磨きがおわったところ・・・先は長いが決して急がない・・・
[PR]
by web-mat | 2012-09-09 18:08 | おかいもの
セロハン、ビー玉、洋菓子の飴・・・私は世代か?なぜか透過する光に魅かれる。
欧州を旅したクルマ好きの友人からPBのドライバーをお土産に頂いたことがある。柄が橙色の透明な樹脂が美しいスイス製のドライバーは、なーんだ!ドライバーが土産か!なんていう人もいたけれど、私は友人の粋なはからいと、その質感や美しさにいたく感激したものだ。
友人曰くーロンドンの郊外のクルマ用品店の窓に多くのPBのドライバーが陳列されていて、それらは傾き始めた陽光を受けて見事に輝いて腰がぬけるほど?綺麗で、思わず土産に求めたという・・・そんなまさに土産話し付きのPBは今でも私の宝物だ。
b0163129_11301669.jpg


恒例の福生アマチュア無線クラブ主催の「熊川ジャンク市」でもとめた古いVESSELのドライバー。ベッセルは国産初ドライバーをつくった会社だ。現在の主流の味気ないソリッドなものとは異なる透明樹脂のクラシック・ベッセルたちだ。 ドライバーはもちろん持っているけれど、何本あってもいい。
1本ワンコインが、5本でツーコインと、福生のジャンク市ならではの気前の良さ!。

灯油で洗い、コンパウンドで磨いてシリコン油で仕上げたら綺麗になって、思わず陽光に透かしてみる・・・するとクラシックVESSELたちはPBほどではないけれど、美しく輝き始めて実に爽快。

さぁーいよいよ明日に向けて頭のネジを締めなおして・・・仕事だぁ~
[PR]
by web-mat | 2012-05-06 12:00 | おかいもの
趣味道具に無印良品の品々を上手に使いこなす友人が居て、私もちょっとした時間に店内をめぐる。
100均店に比べると、値段は高めだが、品質は若干よくて仕上げやデザインがいいという印象。それゆえ粗末に使わないので、結果長く使えるということかもしれない。

無線遊びで一番、気に入っているのはノート類。
1つは、私がハム手帖と勝手に呼んでいるもので、ログからアイデアの走り書き、移動地や回路図のコピーなど貼り付けたり挟みこんでいる。それゆえ厚みは3倍ぐらいになっているけど、ゴムバンド付きで大変具合がいい。 既に4年近くたつけれど、私の無線生活の記録が全てが記されたもの。これが無くなったら、私はかなり困ったことになりそうだ。
もう一方の細長のものは、地質学者用のノートを真似てつくらたもので、そのサイズが大変よい。移動地で小さな筆記スペースでログをつけるときに便利だ。
b0163129_11164467.jpg

しかし、困ったことにどちらも廃番となり、手に入らない。無印良品は見かけのイメージより商品の入れ替えが早く、直感的によいと思ったらためし買い、気に入ったら貯め買いが基本だ。

最近私はラジオの製作をひそかに?計画しているが、使えそうな品々が揃っている。
一番小さいのは、寝ながら聴くストレートラジオによさげだ。ラジオICを使えば1.5V動作も可能ゆえ、電池も内臓できる小さなラジオが組めそうだ。
b0163129_1117579.jpg

大きめの半透明のものは、そもそも救急用品入れでL型のアンテナカップラー用に求めたもの。この手はタッパーを使うのが常道だけど、これに組めると、ミニマムQRPの道具としては大変いいものができそうな気がする。
圧巻は白のもので 、これは廃番まじかでディスカウトしているもの。陶器のようななめらかな仕上げのアクリル製で、これはかなり応用が利きそうだ。こちらは100円!

こうして私のミニマムQRPのグッズは、じょじょに無印良品の品々が増えている。
無線ならずとも、趣味人と良品計画との相性は悪くないって私はおもったりしている
[PR]
by web-mat | 2012-03-10 11:18 | おかいもの
軍用は好きではないが、そのたたずまいは、クールでしびれます。
今回のハムフェアで手にいれた1961年と刻印された無線機のヘッドユニット。千円!
おそらく自衛隊の飛行樹についていたもの?らしいが詳細は不明。結構小ぶりだけど、存在感はたっぷり!
、左下のツマミ以外はオリジナルのようだ。
b0163129_1212264.jpg

パネルに背の低いポッチが2つついているけど、まわすと赤いランプがせり上がる。同行のOMによると、これはパネルをほのかに照らす照明で、普段は締めて消灯、有事のときに緩めて点灯させる仕組みとのこと・・・よく映画で、無線機が赤くパネルに灯が入っているのは、まさにこの仕組みによるものらしい。コレだけで、無線機のシズルをばりばり感じます。秋の夜長にランプの配線だけ活かして、ちょっと点灯してみたい。
こうしてみると、我が自作機が、ちょいとハードにしてみるも、やはりニセモノ?で稚拙にみえて・・・かなし!
ホンモノのクールさは相当なものです。

このまま無線室の飾りにするか、中身を出して、綺麗に塗装して再生ラジオでも仕込んでもかなりいいリユースになるような気がしています。
[PR]
by web-mat | 2011-09-10 01:23 | おかいもの
自作部品で比較的、価格が高いという印象をもつのはケースだ。 だから、ジャンク市でリユースできるものに思わず手をだしてしまう。
写真の2台は、GWの福生のジャンク市で手に入れたもの。左が100円で、右がタダ、ご自由にどうぞコーナーから頂戴したものだ。
どこの誰かは知らないけれど、同じ趣味をもつ同胞が時間をかけて作り上げたものだから、何か部品取りは気の毒?のような気がする。分解もできずに、使うこともできずに、じゃ一体どうする?・・・
b0163129_254876.jpg

観察してみると左のモノは、明らかに40mの受信機だ。
TA-7320Pが使われていて、これは回路を追っていくと、時間をかければ、復活できそうだ。・・・通電してみると、RFはNGで、AFはいきている。希望的観測としては、石が飛んでいるだけかなーネットで調べるとデータシートも閲覧できるし、ディスコンでありながら通販で手に入るし。 
観察して、推測して、いつぞや手にはいるQP-7と合体してトランシーバーになる妄想?をしたりする・・・

右側のタカチのものは、わたしの知識ではこれが一体何なのか皆目わからない。
LED色とレベル?の関係は?このICの役目は?謎は深まるばかりだ。
ある日、古本でも眺めていると制作記事に出くわして全てが氷解する・・・そんな、ささやかな期待をしながら、分解をやめてふたを閉める。こいつが豪勢に光始めたら、おもしろいなー

手前のキーは、レストアが完了したもの。
錆びて固着していたものを灯油につけて洗い、錆をピカールでなるべく落とし組み上げたものだ。ラジコン用のグリースをぬって、調整したら、これはなかなかいい感触だ。縦ぶれも色々あるけれど、ちょっと小さめで古いものがいい。キーの先端のくぼみが、とっても微妙で心地いい。
これも福生のジャンク市で、先客のJK7TKEさんが見つけたものを、譲っていただいたもので、値段交渉までして頂いて500円!電電公社のポータブル用のものらしい。
ジャンク市では、賢者について歩くといいものにありつけるーこれがジャンク市で法則かも・・・

かくいう、使いもしない、分解もできない・・・ジャンクたちと向き合っていると秋の夜長はあっという間に時間がすぎていく。ジャンクは想像力を刺激されて、楽しいね。
[PR]
by web-mat | 2011-09-07 02:11 | おかいもの
当家では、ジャンク部品と一緒にお風呂にはいることを家人から禁じられております。
お風呂でパーツを洗うという行為は、意外にも普及?しているようで、みなさん裸でゴシゴシやっている方が多いかと・・・ほんと?
私は過去に分解したラジオのケースを洗い場でゴシゴシやっているところを家人に見られて以来、あまりに心象が悪く、即刻無線部品持込禁止とあいなったわけであります。
b0163129_054315.jpg

で、最近はビンの中で洗っております。笑 しかもこれは灯油です。
写真は、ジャンク市で求めたバーニアダイアル。当初微々たりとも動かなかったのですが、こうして灯油の中で入浴させると、見事に動きでしました。
このバーニアダイアルは、高橋製。おそらく70年代のものとおもわれます。
こうした精密部品は、素材の確かな昔の方がモノがいいってよくいいます。まわしてみると、なんともいえない感触でするっと廻ります。やっぱり70年物はいいわ~と思いつつ、新品のものを取り出してまわしてみると・・・・新品のが全然いい感触・・・そんなもんですね。  ぎゃふん(死語)
[PR]
by web-mat | 2011-05-19 00:58 | おかいもの
先日ブログにあげましたら、お問い合わせメールを頂きましたので、私なりに再度ご紹介します。
こんな店構えです。
正式名称は「秋葉原スーパージャンク 日米商事 電子部
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/shop/junk/nichibei.html
b0163129_14195695.jpg
品揃えは、新品のパーツのまとめ売り、お名前の通りのジャンク部品と2分化されています。
103は13個テーピングで105円 だいたいまとめ売りパーツは105円 73円、その他にわけられるようです。13個っていうのは半端ですけど、これはまちがいでーことのつまりかなり適当ということです。
b0163129_14225148.jpg

奥には水晶発振子、コイルも多数(種類はあるが肝心なものがない?印象。)
私のオススメはVR関連で、ここには新品の国産が100円から買えます。中国産で70円の決して0Ωにならない?VRよりましで、ここのものはちょっと古い感はありますが実は高級品で安心です。
雨の日はお休み、ノーホスピタリティが基本で、わからないことがあっても教えてくれません、っていうか知らないようです。
品のよい初老のご婦人が店番をされていて、部品はこういう手製の袋に入れて渡されます。
b0163129_14351320.jpg

レジで「あーエコですね~」なんていう客が居ましたけど、お店の方は苦笑・・・戦後から同じようにやっているのに、エコって関心されてもね~笑
この袋・・・なかなか捨てられない・・・
[PR]
by web-mat | 2011-02-05 14:44 | おかいもの
シャックで聴こうとジャンクのカーオーディオをオークションで購入。
ソニーの99年製だから、結構古いけどー大丈夫だろうか・・・
通電ランニングをさせると、まったく問題なし、CDもMDもラジオも生きている・・・ふぅーセーフ!
このセーフって感覚がイケマセン・・笑

カーオーディオを家で使う人って、やっぱり貧相?な感じであまりいないけど、実は合理主義?のアメリカ人は結構よくやるパターンらしいですよ。
そのメリットは・・・
①耐久力、灼熱から極寒、振動、電源カットオフ、オンの繰り返しなどーすごーい丈夫な設計
②小型、じゃまにならない
③やすいーこの機種も10万ちかいけど、今や3k!
で、ヤンキーをまねてやってみました。
問題は結線解明!これはさすがSONYでマニュアルが公開されていてOK。
電源を常に12Vかけておくと時計も使えるし、基本的な設定も覚えているので便利ということがわかりました。
ほんとはラジオを潰しても、AUXをつけてウォークマンをつなげたいけど、まぁいずれということにしましょ。
木枠を付けて・・・なんてことは考えずにCD1000枚ぐらいかけて終わり・・・ぐらいのキモチでつかいましょう。

b0163129_13112826.jpg
それにしてもこのディスプレイ、当時の流行か派手だけど、デザインはなかなか・・・JAの無線機もこのくらいの意匠をディスプレイに加えればいいのにーって思います。
VOLや設定が一目で確認できてわかりやすいし、DSPとか感覚的につかみにくいものもわかりやすくなるのになー
[PR]
by web-mat | 2010-11-23 13:19 | おかいもの
人が盛り上がってくると、すーと、いなくなる奴がいる。クラニシは自分にとってそんなやつです。
ハムラジオにカムバックして、楽しくなってきた頃、クラニシが突然姿を消した・・・なんかとっても残念に思いましたよ。そのクラニシがついに我がシャックのやってきた!(勝手にやってこない、散財である・・・)
このRW-215Wは500Mhzまで使えてWメーターで、比較的人気モデルです。

ヤフオクの画面でみたときは、ツマミが割れてなかったし、サイドには醜いすり傷がー
この2つは私にとって追い風ーその分相場の半額で手に入れることができたから。
つまみは以前、秋葉原で求めた在庫限りのツマミが同等品、サイドの傷は実は傷ではなく汚れでコンパンドで磨き、塗装を一皮むき、さらにポリメイトをかけたらとっても綺麗になって満悦!
クラニシの質感はいいいね、これやっぱり世界一じゃないでしょうか・・・
b0163129_2157148.jpg

70年代開局の私は、SWR&POメーターには、それなりの思い入れがあるわけです。
シャックで優雅にゆれる針はに心も揺れたのです。
クラニシの上に置いたのは、再開局時に作ったSWRメーター。
FT-817と組み合わせてつかってました。

メーカーの無線機の針がゆれても、なぜか心は踊らない・・・
外付けのSWR&POメーターじゃないとねーやっぱり!
そもそも最近の無線機に針メーターはないし・・・
[PR]
by web-mat | 2010-09-30 22:03 | おかいもの
オズマことJO1GSDと秋葉原へ行ってきました。
彼の制作するスモールワンダーラボの40mCWトランシーバーSW-40の外装部品などを購入するのに付き添いです。
この人、とにかく背が大きいんで、東村山のシュワちゃんって感じで、秋葉原では大変目だっておりました。
部品物色中のGSD
b0163129_0284736.jpg
お休みの秋葉原は初めて!結構混んでましてびっくりです。いつもは一人の秋葉原ですが、ローカルと一緒というのは、それはそれで結構楽しめるものなのですね。秋葉原名物、サンボの牛丼をご馳走になりました。

これがGSDが製作中のSW-40です。塗装前の仮組の状態です。
b0163129_0315924.jpg
この人、とにかく製作がはやい。キットの基盤はあっという間に出来上がってしまいました。来週ぐらいにはシェイクダウンという勢いです。
曰く近くの公園でアンテナを張って、WとQSOするのが当面の目標だそうです。
きっと彼なら、すぐWはおろか世界各地とQSOを実現させるでしょう・・・
[PR]
by web-mat | 2010-09-21 00:36 | おかいもの