ブログトップ

無線のシズルーJI1KZN

musenbiyor.exblog.jp

イマドキの無線遊びはムード?無線ぽっさ、らしさ:無線のシズルが大事 JI1KZN/ひがしやまとFT620

カテゴリ:40mCW TRX アカギスタンダード( 7 )

ハムフェアまで1週間をきり、今日はその準備。
今年はハムフェアは、ささやかながらも参加するという姿勢で楽しみたいとーと思って、QRPクラブに自作機の展示をさせていただくことにしました。
準備といっても、解説文つくりと、若干のお化粧直し?などで灼熱で半田をするよりはましかも。

ついでにアカギスタンダード40の写真撮影と動画を撮影したので、よろしかったらご覧ください。
AS40は、完成から1か月過ぎてずいぶん安定してきています。
今日はコンテストで40mは湧いておりまして、こういう状況は私のアカギは苦手で、コンテストの荒波のもまれております。 AGCがやや不安定・・・

ラダーフィルターの減衰が過ぎてゲインがとれず、大胆にも?フィルターのショートスイッチや、見かねたOMが自作のラダーフィルターをご提供いただいたりしたのですが、フィルターをいれないとSSBはいいけれど、CWはQRMが激しくてとても使えません。OMのラダーはさすがにキレはいいのですが3kcでもう少し狭くしたいのですが、なかなかうまくいきません。結局オリジナル通りで、こんな感じです。こんな状況で数局と交信が成立しているので、まぁこんなものなのかもしれません・・・・


ハムフェアでQRPクラブのブースに置かせていただきますので、お立ち寄りの際にでもご覧いただけると幸いです。
b0163129_19511760.jpg

b0163129_885144.jpg
QRPクラブといえば、今日のMLによると、11月に自作部門ありのコンテストがあるようですね。
参加してみたいな~

JARL QRP Club 延べ登録会員数1,000超え記念
2013年 QRP コンテスト
1. 開催日時
2013年11月4日(月) 0900JST ~ 2100JST
2. 主催
JARL QRP Club (JARL神奈川県支部登録クラブ No. 11 -4-15 )
[PR]
by web-mat | 2013-08-18 19:53 | 40mCW TRX アカギスタンダード
制作は1日30分をつむぎ上げ、4か月弱で完成になりました。
どうにもモチベーションが上がらず、やっとこぎつけたという印象です。

出力は最終500mW (ドライバーはシングル仕様のまま)で落ち着きました。
受信は、課題もあるのですが、かなり個性的?な特性です。
前作の15m版とも聴こえ心地が大きく異なるし、チューニングの際のフィーリングも異なります。
リグの個性がバンドの特性でさらに助長されて、全く異なる性格になったところが面白い・・・・
40mゆえ、もっとじゃじゃ馬?になると思いきや、全体的には静かな印象です。ここがアカギスタンダードのよいところではーなんて思っております

・・・そもそも、冬の深夜に隣国めぐりーという妙な?ニッチな楽しみのためにつくりました。時間はたっぷりとありますので、自分好みに仕上げていきたいと思っています。
b0163129_9281431.jpg

とりいそぎの完成報告まで・・・・

次は3.5Mhzのオートダイン:1-V-1+7MHzクリコンにとりくみます。
[PR]
by web-mat | 2013-06-29 09:52 | 40mCW TRX アカギスタンダード
ユニットは5枚VXO、受信、送信、AF、電源です。
まず送信の確認ですが、部品のつけ忘れやショートのボンミスを乗り越えて、12Vで300mWを出力。
控え目?なのは逆接対応のダイオード、トランジスターのスイッチングで電圧のロスのせい?  13.8Vで500mW弱です。いずれにしてもドライバーの2SK241のダブル化でのパワーの絞りだしは、組み終わったあとのトライです。それにしてもテストでパワー計が触れたとき高揚感は他では得難い瞬間です。
VXOは再調整して、7.000~7.045Mcになりました。

受信基盤の配線チェックをしながら、実装イメージを練ります。前作の15m版に比べるとスッキリしています。
b0163129_1203038.jpg


ついにRNRさんの本、セロテープの補修では間に合わず分解をしはじめましたぁ。 ゴムでまとめています・・・
[PR]
by web-mat | 2013-05-21 01:37 | 40mCW TRX アカギスタンダード
基本基盤が完成しました。
お菓子の缶は仮保管用ですが、これで組みたい衝動にかられています・・・・笑
b0163129_20525134.jpg

今回は、なるべくユニットを分けずに収めるようにしています。AFアンプはVRに直接づけ。
こうすることで全体的に小ぶりな仕上げです。
ケーブルの配線がシンプルになるはずですが、回り込みとかがちょっと心配です。まぁお化けは出てから、考えることにいたしましょう・・・
[PR]
by web-mat | 2013-05-14 20:59 | 40mCW TRX アカギスタンダード
スローペースですが、1日1部品でも取り付けて少しづつ進めています。
VXOは15.36で発振させて、可変は15.255~15.355、局発が8.3ゆえ、40-50KHzは安定して動かせそうです。RITも組み込みました。
送信基盤は、ドライバーはシングル仕様?まずは0.5W狙います。電源基盤を作り上げてからテストする予定です。 少しは知恵もついてきて?、前作の15m版に比べると全体的に小ぶり、ユニットも分けずにまとめるようにしています。 
アカギは、私の印象では受信が手ごわいのえ、気を抜かずに少しづつ進めたいところです、基本不器用なので・・・。
b0163129_112563.jpg
出来た基盤は缶に入れて保管します。家人がお菓子だと思って蓋をあけて、絶句しておりました・・・
[PR]
by web-mat | 2013-04-22 01:13 | 40mCW TRX アカギスタンダード
無線機の製作の愉悦は外と内にありと、私は外側をプラモデルを作るつもりで楽しんでいます。
ケースにシートを張り込み、アクリル板を切り、ヤスリで成形し穴をあける、デカールをデザインして張り込む、レタリングする・・・およそ電子工作とは異なる造形の楽しみがあります。
b0163129_9414062.jpg
ケースは、前々作の6m機から使っているアイデアルのCA-70W。ツマミは秋葉原の日米でみつけたジャンクですが山型のカタチが気にいっています。普通のVRでは径が合わず、ドリルで広げて取り付けました。 VXOの開口部は、カバン用のバックルを成形しています。配置は、15m版と合わせました。レイアウトを統一した方が使いやすいからです。
横の開口部はスピーカー用です。
アカギ使い?で有名なJI3SBAさんはRITを搭載せずに、トーンをずらしてUP対応するらしい・・・そちらが正当派のような気もしますが、CWのスキルのない私はRITを組むことにしました。

ここまで約1か月、中身で1か月半?完成は初夏になりそうです。

昨年の秋から冬、忙しい中でのささやかな楽しみは、真夜中の40mのCW(ほとんどがCWL?)でした。
うなる空電の嵐の中のスキマを縫って、ロシア、中国・・・自作機で隣国諸国へでかける・・・そんな妄想無線ツアーが和みました。 そこで、今回の40m版のアカギスタンダードは、こうした妄想ツアーを楽しむ、ミッドナイトクルーザー?として組み上げたいと思ったりしております。
[PR]
by web-mat | 2013-03-13 09:50 | 40mCW TRX アカギスタンダード
いよいよ40m版アカギスタンダードを作り始めます。
とはいっても、半田ゴテを持つのは当分先で、今はヤスリで外装を加工しています。
デザインの構想中です。箱の中でパネルのレイアウトを検討しています。毎回悩むVXOの開口部は、鞄などのベルトのバックルてつくりました。
15m版の兄弟機なので、ブルーブラックの色合いと素材感をあわせます。完成は初夏?ぐらいでしょうか・・・
b0163129_0115680.jpg



15m版アカギスタンダードは・・・
受信のゲインが足りなくて、結局1段基本回路で増幅して、+20db!実用粋に達しました。
b0163129_23522265.jpg
どんな聴き心地?とメールをちょっと前にいただいておりましたので、Youtubeにあげました。とても静かな音調で気にいっています。
週末の朝と晩にちょこちょこと楽しんでいます。
[PR]
by web-mat | 2013-02-14 00:02 | 40mCW TRX アカギスタンダード