ブログトップ

無線のシズルーJI1KZN

musenbiyor.exblog.jp

イマドキの無線遊びはムード?無線ぽっさ、らしさ:無線のシズルが大事 JI1KZN/ひがしやまとFT620

カテゴリ:いいものを拝見( 20 )

ブログをしていて時として強く感じるのは、まるでWWWというフィールドにCQを出しているような感覚だ。
自分とシンパシー:まさに波長があう人から応答があり、ささやかながら交流が始まり、いつしか深まっていく・・・
実際に無線家として、電波を出してシンパシーを感じる人を探すことより、ある意味、めぐりあいやすいかもしれない。
先週、素敵な応答?をJA7QMHさんをいただいたのでご紹介します。

氏はJF1RNRさんの設計6mSSB・CWトランシーバーを制作された、私の自作機と同じDNAをもったクローン機なのだ。外観も似ていて、私としてはとても嬉しい・・・
写真を送っていただきました。
b0163129_20513299.jpg

私は、自分で・・・ばかじゃないの!って実は無線をやっていて思うこと正直言ってある・・・・私はバカで(生まれて)すみません・・・太宰治・・・・と、ヒラキなおる?
b0163129_20544221.jpg

離れて別々に・・・同じように作り、同じように悩み、同じようにクセがリグにでる不思議。
b0163129_20572918.jpg

出力は氏が100mW超え、私のが80mW。アイデアルなスタンド、個性的なネーミング・・・やっぱり随所にオリジナリティがでる面白さ
b0163129_20594387.jpg

やっぱりムード派!灯をいれた自作機はとっても美しい。
b0163129_2145776.jpg


JA7QMHさん、どうもありがとうございました。

CopyRight :All Right Recived JA7QMH
[PR]
by web-mat | 2012-09-12 21:10 | いいものを拝見
おばけ煙突と聴いてピンっときたら同世代?でしょうか?
複数の煙突が、視る角度によって本数が変わる不可思議?な現象に当時のワンパクたちは盛り上がったものです。天高く連ねる建造物に、ちょっと畏怖を感じたものです。

こちらは仙台駅に滑り込むちょっと前の車窓、小高い山の頂上にたつ3本の電波塔、ちょうど回りこむような動線にこちらも視点で重なることで、本数が変わる。
単純な理屈、繰り返される同じ展開、それでも本数を小さくつぶやくのでした。
b0163129_21391719.jpg
ここのところの暴れる?低気圧のおかげでこんな空になりました。
ちなみに、この電波塔の1本は地上波用でいずれ取り壊されるとのこと・・・地元の無線家が教えてくれました。
[PR]
by web-mat | 2012-08-19 21:41 | いいものを拝見
この電鍵はスイスの軍学校の訓練用のもの。 どこからみても宇宙一?美しい電鍵!
デザインが綺麗なだけではなく、精度や接点の独特の形状と材質、USB対応モデルもあり先端を感じさせる。
http://www.heinzstampfl.ch/
海の向こうでは、キーイングは競技の種目でもあるから、アスリート仕様の先端技術に需要があるのかも。キーイングは無線界ではニッチだが、スポーツ競技でとらえると裾野は広がり、
b0163129_19484269.jpg
この製品はスイスのアイデンティティーを巧く表現しているように思う。
国内の製造業はどこも苦しいが、日本が従来型の製造業に固執しない方向に期待が集まり始めている。日本のアイデンティティーを発揮したプロダクツこそ世界を再び席捲するmade in Japanだと私は思う。 
たとえばSHIMANOはいわずと知れた日本の誇る自転車パーツメーカーだが、シマノの技術で電鍵を開発して、競技会で神業と詠われるチャンプたちともにあれば、グローバルでのブランディング効果的のような気がするが。
なんといっても神業のようなキーイングの競技会は、メディアへの露出も多いようだからね。
[PR]
by web-mat | 2012-05-28 19:56 | いいものを拝見
先日の野原無線でのローカルがもちこんだFT-817。度重なる山岳移動へお供して、ごらんの通りの傷だらけ。ボロというより、道具としていい感じに熟成したツワモノいうおもむき。リセールバリューはおちても、クールにみえるオーラー?がある。使い込まれた道具は独特の雰囲気を発するツールオーラがあるのだ。
b0163129_2341949.jpg

私の817は、自作機の調整役、アンテナアナライザー代わりと、ほとんど活かされていないなーこいつを眺めていて、ちょいと気の毒に感じてしまった・・・
[PR]
by web-mat | 2012-05-24 23:54 | いいものを拝見
毎年ハムフェアは楽しみだけれど、私はこの時期になるとちょっとその様子をチューブにあげられたDayton Hamvention2012でながめて妄想?したりしている。
どうやら今年の注目の2機種はFTDX-3000とTS-990。従来モデルのトーンを捨てずに新モデルにしてしまうYEASUらしい展開。固定機に十字キーが・・・このリグ結構扱いやすいかも・・・

TS-990はホントに大きい。頻度も扱いやすさよりも、とにかくツマミ、ボタンの数を多くする思想は、我々JAはアウトオブターゲットか・・・?
アルインコのHFトランシーバ。日本人スタッフのカンバセーション・・ちょいとイタイ・・・
[PR]
by web-mat | 2012-05-23 17:03 | いいものを拝見
ハムフェアで、ひときわ激しい人だかりになっていたのでご存知の方も多いかと思います。
実売5千円のNKT-R3です。
先日のアイボールの際、何気においてあってはじめて手にとることができました。
オーナーの弁によると、充分実用になるとのこと。
ぽんっとイスの上にほおってあるあたりが、うん?え?というパロディ的なたのしさをかもし出します。
ハム的には430のリグということになりますが、特小の周波数まで送受信ができる?ようですから、生産国の中国ではそちらがメインなんでしょう。
b0163129_18131095.jpg

VX-3と全くそっくり・・・というか、あきらかに型をとって起こしているという印象です。
b0163129_18135128.jpg

機能はモノバンドなど異なっていてもこれが5千円っていうのは驚きです。
私も始めはVXシリーズって間違えました!そういう楽しさがある?リグであることは間違いありません。
少なくとも、このコストパフォーマンスの、なんちゃってVXの部分から、顧客満足度はとっても高いのかもしれません。

まねっこということに目がいってしまいますが、R3の本質は性能で日本企業にこのコストパフォーマンスがだせるか?という点です。VXシリーズのバッテリーの単体の料金で本体+バッテリーが手に入る・・・これはかなり驚異でもあり、脅威ともなります。コストパフォーマンスも性能のうちと考えると、国内の製造拠点は厳しくなっていくにちがいありません。

グッドデザイン賞までとっているVX3の意匠をここまで、コピーしてよいのか!これはメーカー同士の問題ですね。知的所有権の侵害ということで、バーテックスが起訴をしているのか、していないのかわかりませんが、おそらく、中国での製造メーカーは、流通に対する影響力が大変強いって聴いてますから、バーテックスが製造メーカーのNKTを提訴すれば、中国での無線機の販売流通に大きな障害になると考えているのかもしれません。NKTはEUや東アジアで流通している大きな無線メーカーらしいですから。
つまり、メーカー同士、大人の会話?が暗黙になされているということなのでしょうか?

個人的には、コストパフォーマンスが高くそれを実現できる独創的技術があるのなら、そのカタチも独創的であってほしいと思います。カタチは似ていても中身は別物・・・シングルバンドのトランシーバーとしても大変小型で魅力的なサイズですから。
[PR]
by web-mat | 2011-09-22 18:45 | いいものを拝見
友人に渡すものがあって、所沢へ出かけるとデジタルモードでの1エリアのロールコールをやっておられたので、しばし見学させていただいた。
やや離れた2箇所で、144と430の2バンドが併行して実施していた。

私はD-STARはデジタルということでシズらないので、手を出すにいたっていないが、しげしげと観察させていただくと、その音調に興味をひかれた。
デジタル通信的には(なんて言うか知らないけど)全般的に音調がゆれと欠落が頻繁におきる。初期のCDMA?タイプのケータイ電話のパケ落ちのようで、ちょっとなつかしい。 さらになつかしいのは、その、揺らぎとデータ落の音声は、まるで、古いSF映画、例えばスタートレックの管制室の通信のよう... 音景観に古典SFを想起させるなんて、とても印象的だった。
QRMを受けると干渉してデータがおちてしまうのか、なんか通信に第三者の干渉を受けているというような赴きもなかなかいいものだ。
今をトキメク?D-STARにレトロSFを感じられてはICOMもかなわない?かもしれないけれど・・・ね。

モービル機による430モービル機によるキー局
b0163129_0294297.jpg


こちらは144のハンディ機のキー局。
傍らにアンプをスタンバイ、アンテナも自作で自作の入るスキマなしと考えると、どうやらそうでもないようだ。
b0163129_0324392.jpg

[PR]
by web-mat | 2011-09-21 00:40 | いいものを拝見
日曜日の昼下がりー近くの原っぱで隣町のYさんとアイボールしてきました。
さっそく、新作「アカギスタンダード6」を拝見。
コンパクトなケースを開けると・・・VXOユニットとバンドユニット(6m)が並んでいます!
b0163129_22261198.jpg
VXOは2系統あり幅広いバンドに対応するとのこと。このVXOは6mでつかうと300kぐらい幅を持ち安定度も抜群!びっくりです!
RX,TXの基本回路はアカギスタンダードで、とても静かな聴こえ心地です。出力は500mW
このセットで、先日スポットでひらいてVKと繋がったとのことです。

コンパクトにしたいときは、で上下に組みバンドで固定します。この自由度がまさにコンポーネンツの思想を感じます。
b0163129_22311758.jpg
Yさんはこの後ローバンド:アカギスタンダード15 40のユニットを組んでマルチバンド化する計画だそうです。

人それぞれ考えがあって自分のイメージをカタチにしていく。まさにモノ作りの愉悦がここにあります。大変いい刺激になりました。私もアカギスタンダード15:AS-15に取り組みます!
[PR]
by web-mat | 2011-03-28 22:42 | いいものを拝見
電機デパートビルより歩いて数分がこの「ハマーズ」。
b0163129_22512071.jpg
至宝の名機がずらーり。古い無線機にオーラっていうのが、あるってわかります。このコリンズM1の放つ重力はたいしたもんだ。
b0163129_2252425.jpg
みたこともないドレークにシズリます。
b0163129_22542947.jpg
リグは、さわることができるようです。さらるな!とは書いていない!でもあんまりベタベタとさわらせない気迫がリグより漂っております。
ここは、ドックスペース。ここもオープンスペース。どうやら、この店は客筋がよく、ちょっと無防備にみえますが、ちゃんとマナーをわきまえているようです。
b0163129_22564658.jpg

さりげなく、70年代のDXペディションの写真が飾られていて、こちらの民度?の高さを感じます。
b0163129_230261.jpg


こういう高品位のお店が存在するとは、やっぱり横浜はさすがですね。
とってもいい店でした。

もちろん現行機も売ってますが、こんな素敵なデモスペースもついてます。
でも、こうしてアイコムの最新型の機種を見ていると、無線機の進歩って何?、無線的な文化の品性に強いコントラストを感じてしまいます。
b0163129_22594268.jpg


おわり
[PR]
by web-mat | 2010-12-02 23:00 | いいものを拝見
ポーランド人がつくったキャッスルウルフェンシュタイン(ゲームソフト)をテーマにしたパソコン。
私は軍用はどこか遠ざけるようなところがあり、こうした趣味はわかりませんが、直感的にこのモデルはちょっとそそられます。
パソコンでありながらエコーリングやeQSOとかで使うとすると、それはVoIP的な通信機なわけですから、まんざら完全にはずしているわけでもないかも・・・
b0163129_246268.jpg
だいたい、PCって必ず受難が待ち構えていて、不本意?ながら買い換えっていうパターンが一般的かと思うけど、こうした自作PCなら、ユニットを交換していきながら延命できるらしく、いつかは挑戦してみたいスタイルです。
[PR]
by web-mat | 2010-11-18 02:47 | いいものを拝見