ブログトップ

無線のシズルーJI1KZN

musenbiyor.exblog.jp

イマドキの無線遊びはムード?無線ぽっさ、らしさ:無線のシズルが大事 JI1KZN/ひがしやまとFT620

1-V-1で40mにいく・・・

1日の終わりに80mラジオ1-V-1に灯を入れるのが日課になってきた。
真空管を再生検波に使ったラジオの、緩やかな立ち上がりで奏でる独特のノイズが、どこか懐かしく、私の無線の楽しみの原点と繋がる・・・いささか懐古的ではあるけれど、この辺りが私にとっては替えがたい愉悦で和む。
先日、「クリスタルコンバーター」を組み上げた。80mを親にして40mを受信することができるようになる。
今は出れることが当たり前だが、当時は聴けることが初めの一歩、そこからが全ての始まりだったから私の周りの学生ハムは他バンドへ繰り出すために競って自作にいそしんだものだ。

回路は今井さんの「作りながら理解するラジオと電子回路」から。
この本で私は今さら聞けない?再生ラジオの原理とクリスタルコンバーターの仕組みを学んだのだ。
b0163129_22433581.jpg
部品のほとんどはジャンク部品、ちょっとみすぼらしいケースのトップカバーにはハムフェアで頂いた台湾の連盟のシールを貼ってみた。
オシレーターを使って動作確認せずに、いきなり1-V-1に繋ぐ・・・7Mcにこれているだろうかーこの手さぐり感も懐かしい・・・聴きこんでいくと明らかにバンドの空気感、雰囲気が違う。
極端に強い80mの信号は受けてしまうようだが、ちゃんと40mを受信している。この簡素な装置で、7Mc帯のハムバンドはもとより海外放送を聴けるようになったのが嬉しい。

この受信ラインに、40mの送信機「AYU40」を組み合わせて交信を成立させるのが次なる目標。
キャリブレーションをとってスタンバイさせてみると、さすがに3.5を親にしたオートダインは、ゲインもそこそこあるし、さほどふらつくことなく短いQSOであればいけそう・・・課題はフィルターレスだが、これは、運次第?と、やりがいと捉えるのがいいかも。
b0163129_23054382.jpg

[PR]
by web-mat | 2014-10-09 07:25 | 自作